所属ゼミ:鈴木ゼミ
作品タイトル:『空き地』
制作者名:松代崇伸

 

Q.制作物についての紹介や見どころ

生きづらさを感じた人誰もが来ることのできるフリースペース「なるにわ」を対象にした記録映像を撮影しました。この居場所を通じて来る人が何を感じ得ているかを見てもらえればと思います。

Q.作ろうと思ったきっかけ

私自身、普段の暮らしで「こうしなければならない」という何かの眼差しにずっと見られている感覚がありました。生きていく上で当たり前であるはずのこの眼差しに、大学生のうちにぶつかってみたいと思ったからです。

Q.制作中のエピソード

撮影に行ったはずがただ一緒にご飯を食べたり話したりしてその日を終えてしまうという日が何どもありました。

言葉に表せられないモヤモヤした何かぶつかった作品です。お時間ある方は是非よろしくお願いします。