所属ゼミ:鈴木ゼミ
作品タイトル:『辺野古抄』
制作者名:八島輝京

 

Q.制作物についての紹介や見どころ

米軍普天間基地の代替施設建設予定地として全国的に有名な沖縄県名護市辺野古に1年間滞在し、新滑走路に対する賛成・反対運動ではなく、そこに暮らす人々の日常を記録しようとした作品です。

Q.作ろうと思ったきっかけ

大学の一般教養の授業でオスプレイの話を聞いて興味を持ち、音を聞こうと沖縄に行き辺野古を訪ね、その後も何回か辺野古を訪ねるうち、辺野古に暮らす人々の日常を見ていきたいと考えるようになり制作に至りました。

Q.制作中のエピソード

沢山お酒を飲む人が多い集落なので、私も肝臓が大きくなった気がします。

何も分からずに撮影に来た私を温かく受け入れて下さった辺野古の皆様を始め、関わって下さった全ての皆様に深く御礼申し上げます。皆様のおかげで私は健康で撮影でき、作品も完成しました。ありがとうございました。