所属ゼミ:制作ゼミ
作品タイトル:『忘景』
制作者名:松本窓

 

Q.制作物についての紹介や見どころ

現代を生きる人々の繋がりと孤独感を描いた作品です。そのテーマに絡めて、日本の騒がしい街の景色と、既に失われつつある文明や風景のコントラストを映し出す試みをしました。ぜひ注目してみてください。

Q.作ろうと思ったきっかけ

自分を社会の中に位置付けたいという普遍的な欲求と、それによる絶望、孤独感は、現代において真剣に向かい合うべきテーマだと感じたからです。

Q.制作中のエピソード

8月の真夏の撮影だったのですが、1日残らず晴れたことは幸いでした。東京、京都、長崎などでロケしたので移動が多く、スケジュールもカツカツだったのですが天気に左右されることなく撮影できました。

85分と長尺ですが、きっと引き込まれる作品となっています。ぜひ立命館映像展の大きなスクリーンでご覧下さい。